かがや歯科|国分寺駅徒歩4分に8月開院

小児歯科

PEDIATRIC DENTISTRY

小児歯科

PEDIATRIC DENTISTRY

小児歯科では、お子様の成長発育に合わせたむし歯予防や歯周病(歯ぐきの炎症)予防を重視し、歯並びや咬み合わせに配慮して治療を行うことで、健全な永久歯歯列咬合へと育成していくことを目的としています。

虫歯治療

虫歯治療

乳歯や生えたばかりの永久歯は構造的に弱いため、むし歯になりやすく、また、一旦むし歯になってしまうと進行が早いのです。一見問題なさそうなお口の中もレントゲンを撮ってみると、歯と歯の間にむし歯になっていることがよくあります。小さいむし歯の場合、悪くなっている部分のみを取り除き白い詰め物をします。白い詰め物はレジンといって、見た目にも歯と同じ色で埋めることができ、なおかつ削る量が少なくて済むため歯へのダメージを少なくすることができます。

シーラント

小児歯科で行う「シーラント」は奥歯のかみ合う面(咬合面)にできる虫歯の予防の方法です。あらかじめ、虫歯になりやすい奥歯の溝を接着力のある人工樹脂で埋めてしまいます。この人工樹脂は虫歯を削ったとき詰めるものと同類のレジンという材料なので、きちんと埋めていれば虫歯にならないとい う考えで普及し始めました。シーラントは長期間使用すると剥がれてしまうことがありますが、短期的にはむし歯のリスクを減らす一定の効果を得ることができます。生えて間もない奥歯の永久歯(六歳臼歯)は特に虫歯になりやすいので、この方法は有効です。しかし、虫歯予防はもうこれで十分というわけではありません。日常の食生活に注意してきちんと歯磨きをした上で、定期検診での細かいところのクリーニングや磨き残しチェック、さらにむし歯予防のフッ素の活用など総合的に進めることが大切です。